淡水エビ、ミナミヌマエビを飼い始めました


小中学生の頃、僕は金魚を飼っていました。
金魚はエアレーション(ぶくぶく)さえしてやれば、飼うのは簡単で、手のひらくらいになります。
電気をすぐに消してしまう玄関で飼っていたので、日が当たらず、真っ白い金魚になり、初めて来た人を驚かせたりしたものです。

友人の家で金魚を飼っており、見ているとなんとも癒やされるので、僕も思い切って飼うことにしました。
金魚は経験があるので、憧れだったエビにチャレンジ。

一番簡単なのは、ミナミヌマエビという淡水エビ。特徴は以下のとおり。

  • 温度は5〜30度程度まで耐えられ、ヒーター/クーラーが無くても何とかなりそう。
  • 水槽の掃除のために飼われる事が多いエビで、餌と水質管理が簡単。
  • 淡水で繁殖する。

一日中、ツムツムして何か食べてるのが最高に可愛い。
餌を入れてやると集まってツムツムするのも最高に可愛い。

しかし、この様子を眺めていると既視感が…。

この動きとよく似てる! 同業者か!

2015-08-02 22.18.08
こんな感じになりました。アクアリウムっぽい!

購入したのものはこんな感じ。アクアショップでは有名なチャームさんで買いました。
誰かの参考になれば(※印は補足事項)。

 61884:ひかりクレスト コリドラス 15g
             155 円 X      1 個 =       155 円
 49276:プラチナソイル ブラウン パウダー 1L (※足りなくて買い足した)
             420 円 X      1 個 =       420 円
 503454:交換スポンジ スポンジフィルターLS-13S用
             230 円 X      1 個 =       230 円
 503453:本体 LSSスポンジフィルター LS-13S
             380 円 X      1 個 =       380 円
 13658:お一人様5点限り コトブキ kotobuki レグラス R-300(31×19×26cm) 曲げガラス水槽(単体)
           3,095 円 X      1 個 =     3,095 円
 12828:(水草)ウィローモス(無農薬)(1パック)(※他の水草も買い足した)
             880 円 X      1 個 =       880 円
 12618:スリムチューブ 1.5m (※3mm。6mmのが一般的で無難だった)
             125 円 X      1 個 =       125 円
 164242:コトブキ kotobuki すごいんです カルキ抜き 150mL
             250 円 X      1 個 =       250 円
 12667:水心 SSPP-7S(エア量固定式) 30~45cm水槽用エアーポンプ おまけ付き
           1,195 円 X      1 個 =     1,195 円

 商品合計  :    6,730 円

重要(だと思う)のは、フィルタ(浄化)とエアレーション(空気)。
繁殖した場合、フィルタに小エビが吸い込まれちゃうのを防ぐのに、スポンジフィルタは最適とのこと。
バクテリアも発生して餌になるとのこと。
空気が出るので、エアレーションも兼ねられるとのこと。
しかも安い。
なにそれ最高かよ!と思ってそれにしたんだけど、結構ぶくぶく音がうるさい(上記の動画を参照)。
アクアショップ勤務経験のある友人に相談し、気になるときは一方コックを付けて空気量を調整するようにした。

肝心のミナミヌマエビも通販が安かったんだけど、どうしても生体を通販で買うのに抵抗があったので、新宿のアクアショップで買って来た。
特売コーナーで10匹で800円。だったんだけど、どうみても8匹しかいない。どうなのこれ!アクアショップ業界では誤差なの?
ただ、炎天下の中、ペットボトルで冷やしながら運んで来たことを思うと、通販のがずっと良かったのかもしれない。

辛い暑さが続く中、日中は水温が30度近くなってしまい、気休めだろうけど保冷剤で水槽を冷やし、1匹も死ぬこと無く(多分)、何とか数日経過しました。

今もツムツムしてる。
繁殖させて、ツムツムツムツムツムツムツムツムツムツム…させたい。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL