カーテンや風呂の蓋や電気器具は現状復帰に含めないで欲しい

アパートやマンションを借りると、必ず「現状復帰」して返す必要があり、それに満たない分は敷金から引かれることになります。

ただ、何でもかんでも「現状復帰」というのはどうなんだろうか?

一番もったいないなと思うのは、カーテンです。

窓のサイズは物件ごとに大きく異なり、カーテンもそれに合わせる必要があります。
外して引越し先に持って行って、サイズが合わず捨てました、という経験も多々あります。

カーテンを燃えるゴミに出す費用は大してかからないので、カーテンは置いていっても良い、というルールにはできないものでしょうか?

  • 気に入らなければ捨てて買って良い。そのまま使ってもよい。
  • 借り手がつかない場合、日焼けを防ぐこともできる。
  • その結果、ゴミも減る。

と、良いことしかない気がします。

風呂の蓋、電気器具なんかも同上です。

ソファーも含めたい気になりますが、ソファーは処分にお金がかかるから微妙ですね。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL