多摩川をポタリングしてきた

ポタリング(近郊を「散歩」程度に軽くサイクリングすること)。いい言葉ですよね。
敷居がぐっと下がる感じがほっとする。

本当は鎌倉まで行く予定だったのですが、ある人は人生に関わる大切な用事が突然できたり、ある人は夜眠れなかったりで僕はしょんぼりしていたのですが、「ポタリングならありじゃね!?」ということで、夜眠れなかった方の人に連絡してポタリングしてきました。

距離や獲得標高より、ゴールとご褒美がほしいタイプなので、道中に寄れる温泉を探すと稲城天然温泉 季乃彩国立温泉湯楽の里が良さそう。前者は東京によくある黒湯、後者は茶色の塩泉だ。
力尽きたらゴールにしたらいいよ、ポタリングだもの。

本番前に練習したかったことがありました。

新調したロードバイクで長距離を走ってみる

毎日通勤で使ってますが、長距離走るとどうなのか。
お尻や手が痛くならないか。
この辺が気になりました。

痛みが気になったのは首と肩です。
ロードバイクは前傾姿勢になるため、前を見るには顎を突き出すか、上目遣いで前を見る必要があります。
後者がおすすめのようなのですが、ちょうどサングラスの上縁が邪魔になります。
サングラスを外すと今度はコンタクトレンズの乾きが気になり、ゴロゴロ感がありました。

こういうノーズパッドを買うといいのかな…。

ビンディングシューズになれる

これを使ってます。もう型落ちですね。当初は8000円くらいだった覚えがあります。
SPDというタイプで靴の方に凹みがあります。

ペダルはこれ。同じく型落ちです。

こんな形状で自転車に乗っていないときでもジャリジャリするときがあるものの、比較的歩きやすく、ペンギン歩きをする必要はないです。
長時間あるくのであれば六角レンチを持ち歩き、金属部分を取り外すと良いでしょう。

実はスペーサー?が錆びてしまいまして外して使ってます。
交換品もあるので自分用メモに貼っておきます。

ポタリング

多摩川はこういう行き止まりみたいのが時々ある。
行き止まったら戻ればいいよ。ポタリングだもの。

多摩川の川沿いは真っ直ぐで見晴らしも良くて走りやすい。
(とはいえ、ぶっ飛ばしてはいけません。歩行者優先です。)
スムーズに進めたので国立温泉湯楽の里をゴールにしました。

ゴール!

この景色の中、かけ流しの塩泉は最高でした。
立ち上がると外から見えるから立ち上がるな、といいつつ、遠くの山の紹介が書いてあり、立ち上がらないと見えないというジレンマ…。
水風呂が15℃位でキンキンでした。今まで入った中で一番冷たかった。

温泉分析書。

 

フーム

 

帰ってノンアルコールビールで乾杯して解散。
食の細い二人が酒を飲まずに飲むと安く済む。

 

暗くて怖いけど夜景は最高でした!
Stravaによると距離は67.76km でした。
自転車の性能か、まだ余裕がありました。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL