咸魚(ハムユイ、ハムイー)を手に入れた

咸魚(ハムユイ、ハムイー)を手に入れた!
今はなき吉祥寺竹廬山房のメニューでハムユイのチャーハンがありまして、大好きでした。
いつか自分でも作りたいと思っていたんですが、なかなか日本では買えないんですよね。

ハムユイはイシモチなどを塩漬けにして干したもの。
雑に言うとアンチョビやクサヤみたいなものです。

specialtiesexpressというサイトで個人輸入しました。買ったのは咸魚醤というやつで調理しやすくしたものです。
ちょっと怖ったのでpaypalでの支払いにした。何も問題ありませんでした。

一週間ほどで届きました。
ラップで包まれたあと何重ものビニールで包まれていました。
これは破損を防ぐためではなく、蓋に隙間があるため液体が漏れるためです。
この手のは日本だと蓋に未開封を示す凹凸がありますがそういうのはなく、蓋はユルユルです。

お陰で臭いはするし油でベトベトでパッケージも滲んでいます。
この辺が日本で売られていない理由かもしれませんね。
洗ってもなかなかとれないヌルヌル。いつか落として割りそう。

 

におい

すげー臭いんだろうなと思っていたんですが全然です。
香ばしい魚の臭いです。鰹節というか、シラスというか、思い出せないけど僕たちも嗅いだことがある匂いな気がします。

チャーハンにしてみました。写真は満足いくのができなかったのでありません^^
アンチョビの感覚で使ってみると塩分が全然足りない。
香りと旨味成分を足す目的で使い、塩分は別途醤油や塩で調整するのがよさそうです。

 

竹廬山房の再現を目指して愉しんでいきます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL