wordpressをGCP無料枠とCloudflareに移行した

2021年12月31日に長年お世話になったCloudCore VPS 2048の終了が決まりまして、VPSって時代でもなくなってきたのでクラウドに移行してみました。
wordpressって時代でもないでしょ、という気持ちもありますが移行が面倒すぎるし、wordpressの素振り環境を確保しておくのもまた良いことでしょう。

うまく表示されない方はキャッシュを削除してみてください(ってここで書いても見られないのであった…)

GCP

e2-microが無料で使える。日本リージョンは無料ではないのでus-west(オレゴン)に。ディスクは30GBまで増す。
OSはubuntuのLTSにした。ありがとうGoogle。

あとはVPSでやったいたのと変わらず、セキュリティ周りの設定を見直したりします。
これを機にAnsibleとかに置き換えたかったけど、また職人が手順書に従って手作業してしまった。こうしてできたサーバーは機械にはない温かみがある。

Cloudflare

CDNはAWSのCloudFrontしか触ったことがなかったのでちょっとハマった。
CloudflareはDNSとCDNが一体になったようなサービスと感じました。
主な設定はDNSの設定だけで、オリジンサーバがどこなのか設定する場所がなくて逆に混乱しました。

案内に従ってドメイン管理サービスのネームサーバをCloudflareに変更したあとこんな感じで設定します。
DNS設定でCDNを噛ますかどうか選択できます。
CDNを噛まさないサブドメインを用意したが必須ではないです。
Cloudflareはドメイン更新料金も他より40%くらい安いので次の更新機械に移管したいな。

ルールからページルールを選択肢、wordpressの管理画面はキャッシュしないようにします。

 

入り口だけSSLにするFlexibleにしました。お手軽。
フルにするにはCloudflareから証明書をダウンロードして〜、という具合ですが面倒くさい。

Edge証明書が表示されるまで一晩ほど掛かりました。
Let’s encryptの証明書です。ワイルドカードで嬉しい。

コメントを無効にする

年1、2件コメントをいただくことがありますが、泣く泣くDisable Commentsプラグインでコメントを無効に。

混在コンテンツのエラー

wordpressの管理画面に入るとJSが動いていなさそうな雰囲気。コンソールを見るとHTTPでアクセスしているためだった。
ばっちりのヘルプがあった。同じことをやってる人が多いのでしょう。
Cloudflareのwordpress pluginをいれて解決。API tokenを発行するとwordpressからpurgeできたりします。
ありがとうCloudflare。

バックアップをGCSに

CloudCoreが消えちゃうのでバックアップをGCSに。5GBまで無料。ありがとうGoogle。

おわり

どこかでミスってたらこっそりTwitterのDMで教えて下さい ^^;