ドラム打ち込んでみた!

ドラム打ち込んでみた
雪が降ったので、BUMP OF CHICKENのスノースマイルをギター弾いて、ドラム打ち込んで、ベース弾いてみました。
チューニングは、half downにしてません・・・。
これは…ひどい…ですが、これはひどいに投稿したりしないでください。

コレ

ドラムのみ

やっとこドラムの打ち込み方がすこしわかってきた感じ。

環境だけそこそこな僕の環境はこんなです。
ここにこういうの使うともっといいよ、みたいなアドバイスを貰えると幸い。
もっと練習した方がいいよ? わかっております…。
tone works
KORGのアンプシミュレータTONEWORKS(借り物)とオーディオインターフェスUA-20(格安譲り受け)です。
アンプシミュレータはこれ一つあれば、何でもできます。
チューニングしたり、エフェクトかけたり、リズムに合わせて練習したり。
「アンプつなぐの面倒だからzo-3にしよう」そんな時代が僕にもありました。

DTM環境
狭いよ!すっごい狭いって!ちょっ、審判ッ!すっごい狭いって!
DAWはmacのgaragebandです。
凄くシンプルで迷うことがないです。
midiキーボードはKORGのK25ですが、時々、ドミソ#が出なくなります…。
USBケーブルに問題は無いようだし、まんまんでしゅかね?

pandraは安いし、何でもできてお勧め。
初心者セットよりこれ買った方がいいよ。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL