ワイヤレスドアモニター

ワイヤレスモニタードアモニター、Panasonic VL-SDM110を購入しました。
パナはん、なんちゅうもんをつくってくれはったんや…!

どこの家にもインターホンがない家はほとんどないと思います。
が、ドアモニタがある家となるとかなり絞られるのではないでしょうか?

実際使ったこともない人も多いのではないかと思いますが、個人的には必携のアイテムだと思います。
その理由は、お祈りさせてほしい人、見てもいないテレビ番組の料金の徴収、どうみてもいらないものを売る人、などが来るからで、僕のようにハートが弱い人はそれだけで疲弊してしまいます。
そんなでアポのないインターホンに反応しない人は40%にもなるとかならないとか。

僕も強い心でアポのないインターホンは相手にしませんが、まれにサプライズ的なお届け物だったりして、再配達を頼むのは本当に申し訳なく思います。(宅配ボックスがあればいいんですけどね)

ただ、賃貸だと工事して取り付けても、現状復帰しろ!と言われたり(改善したのに!)、めっちゃ高かったりします。

そこで、ワイヤレスモニタードアモニターですよ!

何種類か機種がありますが、1万円前後で買えます。
ちょっと高いと感じるかもしれませんが、「ドアモニタあり!最新設備充実!」みたいな不動産物件もありますから、それを考えると全然高くない。
もう、ドアモニタの有無を不動産の条件に入れる意味は皆無です。

録画ができるタイプとか、音声で云々できるタイプもあるよ、と言われると「ちょっと奮発するか!」、という気になりますが、個人には、インターホンを誰かがおした時、その映像が見られること、で十分と考えます。
配達屋さんが来たのをあとから見ても全然うれしくないですし、実際、1年ほど録画付きのを使っての感想で、必要と思ったことはありませんでした。
むしろ見なくても良い映像を見ないといけない手間が増えただけでした。

そんな条件にぴったりなのが、最安の機種VL-SDM110です。

これはドア上部に引っ掛ける形で設置し、モニタで映像を受信できます(ドアの形状によってはダメなので、オンラインマニュアルを参照ください)。
ドアに引っ掛ける方は電池駆動になってしまい、定期的に電池交換が必要です。
悩ましいのはここだけですが、そこそこ電池は持ちますし、エネループなど、高性能な充電池もありますし、大した問題ではありません。

不動産オーナーへ

不動産オーナーも、この通り1万円くらいで導入できるんで、是非導入してみてはいかがでしょうか?

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL