宇佐美城山公園キャンプ場でキャンプしてきた!

前回、キャンプ黄金崎でキャンプしてきたに引き続き、カサコとキャンプしてきた!

9:30に溝の口で拾ってもらって出発。

小田原で早めのランチ。人気店にいったら入れずで、別の地元っぽいお店で定食をいただく。
1500円くらい。

富士箱根伊豆国立公園のあたりで景色を眺めたり。

芦ノ湖かな。

キャンプ場は宇佐美城山公園キャンプ場。
できて間もないキャンプ場のようです。
城跡につくられているようで駐車場、共同スペース、キャンプ場1、キャンプ場2とそれぞれ段差がある。
僕たちはキャンプ場1。

共同スペース。ゆったりできそう。使わなかったけど。

子どもたちが鬼ごっこしてた。

テントをささっと組み立てる。これは内側。

外側。二重構造であたたかそうだ!
ちょっとテントが欲しくなった。

 

その後は宇佐美港で釣り。
スーパーでイカを買ってきて穴釣りをする。
アナハゼ。
成長が遅い根魚は15cmにみたない場合リリースするのがマナーです。

いつものネンブツダイ…。
二人分連れたので久しぶりだし、炭火焼きできるそうだし、食べることに。

夕暮れの港はいいねぇ…

いいねぇ…

伊藤マリンタウンの温泉で旅の疲れを癒やす。クソみたいな写真しかなかった…
少ししょっぱい塩泉でした。内湯と露天とサウナと水風呂とジャグジーと色々楽しめます。
交互浴勢としては、もう少し熱いお湯があるとうれしかった。

焚き火。パチパチという音を聞きながらダラダラするの最高の贅沢。

僕は100円均一燻製を。

可愛そうなチーズの燻製。キッチンペーパーを忘れました。

メタル賽銭箱で炭火焼き。
ネンブツダイ美味しいでしょ? 明日も釣れるよきっと。

テントからの眺め。

上級国民様のエリアは車を横付けできて、危険な階段を重い荷物を抱えて登らなくて済む。

縦横の向きを間違えて足を伸ばせない!
この歳になると眠れないのは致命傷なので不安だったのですが、カサコの十二分な装備のおかげでよく眠れました。
喉がカラカラになった。

朝風呂。予約制のドラム缶風呂は無料です。
できればここを2つの湯船にしていつでも入れる風呂にしてほしかったけど、掃除が大変なんだろうな。

源泉かけ流しです。

ランチパックのホットサンド。これはうまい…! 毎日食べたい!

また釣り。フカセでキュウセン。

青いやつ。どうしてこの仕掛で釣れるんだろうか…

木っ端メジナ。これが多すぎて僕の腕前だとこれしか釣れない。

名残惜しいがチェックアウトの時間。

熱海の有名店でイカメンチを食べて。

熱海の高そうな宿の日帰り入浴。
貸し切り状態だった。

 

まとめ

まだ暖かいせいもあるがさほど寒い思いもせずよく眠れてよかった。
焚き火はいつになっても楽しいものですね。炭火焼きもとても良かった。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL