ドラム音源比較(drumcore3 free)

DRUMCORE3 FREEというフリーのソフトウェアドラム音源を試してみました。
結論から言うと、凄くいい! 素晴らしすぎる!

ソフトウェアのドラム音源っていうと、EZ DRUMMERやBFDが有名ですが、ちょっと購入には勇気の要るオネダン…。
なんとかフリーでやりたい。
そこで探してみるとDRUMZとかDrumatic何かが有名みたいですが、機械的というか打ち込み的…。
(さらに配置が通常と違う?ようで敷居が一つ高い。ドラムマップを探して適用すればいいらしい?)
僕はもっと本物のドラムっぽい音で鳴らしたいんだよォォ!

サンプル

バンド練習用に作ったAsian Kung-fu generationのリライトのドラムで試してみました。
DrumCore3 FREE

僕のサウンド-カード内臓のMIDI音源。
Creative SB0312 Audigy LSのSound Font

Microsoft GS Wavetable SW Synth

macのlogic expressのrock drum

MT Power Drum Kit 2

midi置いておくので良かったら比較用にどうぞ。

Sonar LEでの使い方

自分用備忘録。

    1. Cakewalk VSTアダプタで登録
    2. 挿入>DXi>DrumCore3
    3. DrumCoreで鳴らしたいMIDIの出力をDrumCoreにするdrumcore_out
    4. あとは、付属のドラムパターンを使うも良し、自分で打ち込むもよし…

drumcore

デメリット

DrumCore3 Freeの影の部分もお伝えしておきましょう。

ファイルサイズが巨大(1.1GB)
30KB/sくらいしかでないこともあるので、irvineとか中断ができるダウンローダを使った方が良い。僕は三日掛けました。
グルーブが少ない
僕は全く使わないんだけど、使う人にはものたりないみたい。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL