初の50人規模、有料勉強会、DB設計したいNight #4 を開催しました!

疲れ切ってしまいブログにするのが遅れてしまいましたが、DB設計したいnightも4回目。

今回は失敗から学ぶRDBの正しい歩き方の発売に乗っからせていただいて、ビッグゲスト、そーだいさんとnakunaruさんのトークセッション的な会になりました!
いろいろはじめての試み…!

SQLアンチパターンに並ぶ名著…!
本当に失敗を踏み抜き、真っ向から改善してきたのであろうということが伝わってきます。
時間を言い訳にして小手先の回避策ばかりやりがちなので、なかなかできることではありません。

勉強会の内容についてはngmtさんがまとめてくれましたのでそれを見るのが良さそうです。

初の50人規模、有料勉強会は初めてで、とても良い経験になりました。
反省点もありますが、「有料のくせにこれかよ! 金返せ!」などと言われないかとハラハラしておりましたが、みんな楽しんでいただけたようでした。
そーだいさんパワーにだいぶ助けられた。

この人数だとだいぶ辛かったけど、ホワイトボードを使って設計の様子を見せてもらったりしました。

次回、この規模以上の勉強会をやる場合の備忘録として、フローを確認して置きます。

勉強会の計画

メンバの意識を合わせておきましょう。

  • 今回はそーだいさんとnakunaruさんがトークするのを聞くのがメイン
  • でも聞くだけじゃなくていつもみたいにみんなで考えてワイワイしたい
  • 懇親会もしたい
  • 多くの人に参加してもらいたい

そーだいさんに声を掛ける

第二回に参加していただいて、話す機会がえられたので、お声掛けさせていただきました。
二つ返事で「いつでも呼んで」といただき、本当に感謝です。
僕もこうありたい。

日程を決める

大規模な勉強会やカンファレンスにかぶらないようにすると良いでしょう。

スポンサー探す

forkwell様が30人以上であればスポンサーをしてくれる、とのことでお世話になりました。
また出たなforkwell!
大まかにいうと以下のフローです。

  1. スポンサーをお願いする
  2. 請求フォーマットのスプレッドシートとスポンサー動画が送られてくるので記載する
  3. 会場係にチラシの受け取りを依頼する
  4. 数日前に人数が見積もられ、人数に応じてスポンサー額が決定する
  5. 飲食物をスポンサー料金と調整して注文する

内容を詰める

  • google presentationに登壇者にまとめてもらいました

支払いの準備をする

  • 銀行で小銭を作る
  • KyashのQRコードを印刷しておく
  • PayPayのQRコードを印刷しておく

思ったよりスムーズにいっていい時代になった。
電子マネーの会社の決済を必須にするのでスポンサーをお願いしたりできないもんかな?

まとめ

  • たくさんの方に来てもらって嬉しかった
  • めっちゃ勉強になった
  • ホワイトボードはこの規模ならなんとかなるがこれ以上だとつらい
  • 電子マネー決済、大いにあり
  • 僕にとってはちょっとお祭り的な感じがあった。次回は僕も一参加者に専念していきもちがある。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL