中国の激安Arduinoを買ってみた

Nano 5枚で1500円(300円/枚)、UNOが400円!
この値段なら気軽に使えそう!

安チップのため、Arduino IDEで認識するために、ドライバを別途入れる必要がありました。
OSX Elcapitan、Arduino IDE 1.6.10で動きました。

void setup() {
  // initialize digital pin 13 as an output.
  pinMode(2, OUTPUT);
}

// the loop function runs over and over again forever
void loop() {
  digitalWrite(2, HIGH);   // turn the LED on (HIGH is the voltage level)
  delay(150);              // wait for a second
  digitalWrite(2, LOW);    // turn the LED off by making the voltage LOW
  delay(150);              // wait for a second
}

このようなコードを書き、D2に抵抗とLEDをさしてLチカを確認した。
13番PINを使うとボード上のLEDがLチカします。

  • ボードはArduino Nano
  • プロセッサは ATmega328p(old bootloader)を使用する必要があった

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL