ドドド素人のためのオリジナルエフェクター制作(0)

ギターエフェクタを作ってみたい。


そんな思いで、「ド素人のためのオリジナルエフェクター制作」本を手にとった人も多いことでしょう。

難しい電子回路の話がうまくボヤかされていて、ノリもよく、やってみよう!という気にさせられる素晴らしい本です。
メイドさんの写真が恥ずかしいのが難…。

しかし、「ディストーションが作りたいんや!」と鼻息荒げて部品を揃えてやってみると、とても難しい…。
音が出なかったり、ノイズしか出なかったり。原因の特定も難しく、気づいたら燃えないゴミに、なんて人も多いはず。

僕たちは何をしたかったのか?
かっこいいケースに入ったエフェクタを作りたいのか?
トゥルーバイパスな回路でLEDをチカリングさせたいのか?
否! ギターの音を変えたいのである!

ということで、ここではギターの音を変えることだけに注力し、「ドドド素人のためのオリジナルエフェクター制作」として、ディストーションエフェクタを作ります。

概要

  • ブレッドボード上を使いハンダ付けはしない
  • スイッチは扱わない
  • エフェクタケースにも入れない
  • オペアンプを使う(オペアンプはあまり深いことを考えずに交換可能で音の変化を楽しめる。個人的にトランジスタより簡単に感じました)

目的、狙い

  • 四苦八苦しながら、なんとかなくわかってきたので、備忘録
  • 同士への助けになりますように
  • これであってるのか不安なのでインターネットのお友達から間違いを指摘してもらいたい <= 最重要 🙂

いつからエフェクタ作成解説エントリだと錯覚していた?
これは僕がツッコミをもらって成長するためのエントリだったんだよ!!ΩΩΩ

では、是非間違いなどを指摘する気概で始めましょう! 🙂

ドドド素人のためのオリジナルエフェクター制作(1)へ

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL